山岡、田口「伝説の投手戦」ふたたび?交流戦は注目対決が目白押し

5月30日からセ・パ交流戦が始まる。毎年、交流戦ならではの対決がファンを興奮させ、これまで数々のドラマを生んできた。2005年から始まり13年目を迎える交流戦。今年はどんなドラマが待っているのだろうか。そこで今年行なわれる交流戦の見どころを集めてみた。

◆田口麗斗×山岡泰輔「伝説の投手戦」再び!

 6月4日の日曜日に組まれている巨人×オリックス戦で、因縁の投手があいまみえる可能性がある。

 巨人の先発ローテーションに定着した左腕・田口麗斗と、オリックスのドラフト1位ルーキー・山岡泰輔のことだ。今から4年前の夏、高校3年生だった2人は広島大会決勝戦で"伝説の投手戦"を演じている。

 広島新庄・田口と瀬戸内・山岡のともに身長170センチ前半の小柄な両投手は、小気味いい投球でスコアボードに「0」を並べ続けた。試合は延長15回を終えても決着がつかず、0対0のスコアレスドロー。田口は15回を投げて13安打を浴びたものの、19奪三振を記録。一方、山岡は15回をわずか1安打に抑える完璧な投球だった。

 当時の話を山岡に聞いたことがある。山岡は試合中、「いつまでも投げ合っていたい」と思ったそうだ。中1日置いての再試合では、試合前のキャッチボール中、田口に向かって「またこの前の試合みたいになるといいね」と話しかけると、田口からは「いや、勝たせてよ」というツッコミが入ったという。試合は再び投手戦となり、1対0で山岡の瀬戸内が勝利を収めた。

 あれから4年の時を経て、ローテーションの再編がない限りは両投手の再戦が実現しそうだ。5月28日現在、田口は4勝1敗、防御率1.73と絶好調なのに対し、山岡はこれまで好投しながら打線の援護に恵まれず苦しい戦いが続いていたが、5月28日のロッテ戦でようやくプロ初勝利。両者の現状は対照的だが、観客が「いつまでも2人の投げ合いを見ていたい」と思うような名勝負を期待したい。

この記事の続きを読む

1