栃木がBリーグ初代王者に。勝利を決めた田臥、そしてギブスのダイブ

Bリーグ2016−2017 クライマックス(5)
◆チャンピオンシップ・ファイナルレビュー

 個人技と戦術、冷静と情熱、気持ちと気持ちがぶつかり合い、逆転に次ぐ逆転。Bリーグ・チャンピオンシップ(CS)ファイナル「栃木ブレックスvs.川崎ブレイブサンダース」の一戦は、バスケットボールの魅力が高濃度で凝縮された40分間だった――。

 よき勝者には、よき敗者が必要だ。

 初代Bリーグ王者となった栃木ブレックスにはもちろん、敗れはしたものの、栃木とともにバスケットボールの魅力を余すことなく披露した川崎ブレイブサンダースにも、万雷の喝采を送りたい。

 目測で7対3、ないしは8対2。

 ファイナル前日の事前練習で、田臥勇太(PG)は「ブレックスのファンが会場を黄色に染めてくれるのが楽しみ」と語った。実際にファイナル当日、黄色いTシャツを着た栃木ファンの数が、赤いTシャツの川崎ファンを大きく上回っていた。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 Bリーグ初代王者を決める一戦の勝敗の行方は、リーグ最高の栃木のディフェンスとリーグ最高の川崎のオフェンス、どちらが上回るかが分水嶺とささやかれていた。

この記事の続きを読む

1