ドイツ杯優勝でも不協和音。香川真司とドルトムントの来季はどうなる?

 ドイツカップ決勝、ドルトムント対フランクフルトの一戦は、ドルトムントが2−1で勝利を収めた。ドルトムントは今季初タイトルを獲得し、有終の美を飾った。ドイツ杯優勝は2011〜12シーズン以来、5季ぶりのことになる。

 また、トーマス・トゥヘル監督にとっては就任以来初のタイトルとなった。今季はチャンピオンズリーグのモナコ戦に向かう途中で爆弾事件の被害に遭うという最悪の出来事もあった。歓喜でシーズンを終えられたのは格別の思いだったに違いない。トゥヘル監督はクラブ公式サイト上でこうコメントしている。

「我々は目標をすべて達成し、特別なシーズンを締めくくることができた。これは互いに信頼し合ってこそ成し得ることだ」

 5シーズン前を振り返ると、ドルトムントはリーグ戦で2連覇を達成し、クラブにとっては初の2冠を成し遂げた年だった。ユルゲン・クロップ体制が成熟し、マリオ・ゲッツェ、ロベルト・レヴァンドフスキ、ケビン・グロスクロイツら若くて生きのいい選手たちが、前線からのプレスとショートカウンターのスタイルを完成させた。

 当時、香川真司にとっては入団2年目。ゲッツェとともに攻撃の核として機能した。ドルトムントに近い報道関係者やファンが香川を特別視するのは、ドルトムントというクラブにとって特別な意味を持つ2年間の主力選手だったいうことが大きな理由だ。

この記事の続きを読む

1