「モチベーター」呂比須監督は、窮地のアルビレックスを救えるのか

 5月に入り、アルビレックス新潟は三浦文丈監督を事実上、更迭している。理由は成績不振。開幕以来10試合でわずか1勝と、降格圏に沈んでいた。そして11日にはブラジルのクラブチームを率いていた呂比須ワグナーを監督として招聘している。呂比須新監督はチームを救えるのか。

 彼についての印象を訊ねると、選手たちは端的に答える。

「モチベーター」

 実はこれはふたつの意味に受け取れる。ひとつは士気を高めるのに長けたリーダー。もうひとつは士気を高めるしか術(すべ)がないリーダー。呂比須監督はどちらなのか?

 5月28日、仙台ユアテックスタジアム。スタンドでは腹の底に響いてくるような太鼓の音に、願いを込めたような声援が重なった。アウェーの新潟応援陣は、数では劣るものの、必死に選手たちを鼓舞した。

 新潟の選手たちは声援に支えられながら、ベガルタ仙台の攻撃に対し、体を張って忍び、耐えている。まるで辛抱することが使命であるかのように、ボールゲームを捨て、徹底的に守った。左サイドが火の車になりかけるが、水際で真ん中が踏ん張る。アタッカー陣も、ほとんど自陣内でのプレーを余儀なくされた。

この記事の続きを読む

1