岡田、藪、桧山のOB3氏が語る「金本・阪神」の強さはホンモノか?

 金本知憲監督になって2年目を迎えた阪神。シーズン序盤はFAで移籍してきた糸井嘉男や、秋山拓巳、中谷将大といった若い選手の活躍もあり、交流戦まで46試合を消化して27勝19敗で、首位・広島と1ゲーム差の2位につけている。今年の阪神は何が変わったのか? はたして本当に強いのか? 阪神OBである岡田彰布氏、藪恵壹氏、桧山進次郎氏の3人にここまでを振り返ってもらいつつ、これからの戦いについて占ってもらった。

―― 開幕前、今年の阪神をどのように見られていましたか?

岡田氏 オレは3位と予想したんやけど......その理由は不確定要素が多かったから。開幕前は誰がレギュラーなのかわからない状況やったからね。投手陣はメッセンジャー以外の先発が不安やったし、リリーフ陣もどこまれやれるのか未知数。正直、始まってみないとわからない部分が多すぎた。予想するのは難しかったよ。

藪氏 投手陣はある程度やってくれそうな雰囲気がありましたが、逆に打線が弱いのかなと......。糸井が加入しましたが、キャンプ、オープン戦の段階ではどんな打線になるのか、想像もつきませんでした。開幕前の予想では2位にしていましたが、一歩間違えればBクラスもあるぞ、と思っていました。

桧山氏 昨年秋のキャンプから相当鍛えられたようで、今年春のキャンプでは選手たちの体がひと回り大きくなっていました。当然、スイングスピードも上がり、飛距離も出てきました。体力アップが技術力のアップにつながり、選手たちも自信が出てきたように思えました。もちろん、まだまだ未熟な部分はありますが、チームとして戦える布陣は整ったかなと......そういう期待も込めて、私は2位と予想しました。

この記事の続きを読む

1