初ゴールの柴崎岳はスペイン語でコメント。チームの信頼を得て昇格へ

 リーガエスパニョーラ・セグンダ(2部)第40節。マドリード郊外で行なわれたアルコルコン対テネリフェは、柴崎岳の25歳の誕生日を祝うスペイン初得点などで1対3とテネリフェが勝利し、プリメーラ(1部)昇格プレーオフに王手をかけた。

「誕生日の歌が歌われていたのは後で(皆に)言われて、その時は気づかなかったですけど、祝ってくれてよかったです」

 83分、柴崎がピッチを離れてベンチに戻る際、マドリードに駆けつけた100人近くのテネリフェサポーターは、この試合の決勝点となるゴールを決めた日本人MFに向けて、スペイン語版の「ハッピー・バースデー」を歌って祝福した。

 柴崎の初ゴールが生まれたのは31分。アルコルコンのDFラインの裏にスペースを見つけた柴崎は、MFタイロンの縦へのスルーパスを引き出し、飛び出したGKの脇を抜くシュートをダイレクトで放ちネットに突き刺した。

 試合終了後、チームを勝利に導くバースデーゴールを決めた日本人のコメントをほしがったのは日本のメディアだけではない。テネリフェメディアもその活躍を大きく報じようとミックスゾーンで柴崎を囲んだ。

この記事の続きを読む

1