難解な安田記念。アンビシャス、ステファノス「悲願の初GI」あるぞ

 今週末4日には東京競馬場にて、春の古馬マイル王決定戦・GI安田記念(芝1600m)が行なわれる。

 一昨年は6頭、昨年は5頭のJRA GI馬が出走していたこのレースだが、今年は登録の時点でJRA GI馬は3頭。確固たる中心馬がいない状態で、混戦ムードが漂っている。それだけに、"悲願のGI制覇"を狙っている馬も多く、予想は難しいがレース的には面白くなりそうだ。

 アンビシャス(牡5歳/音無秀孝厩舎、父ディープインパクト)も"初GI制覇"を目指す1頭。これまでGIには4回出走し、2015年天皇賞・秋は4番人気5着、2016年宝塚記念は3番人気16着、2016年天皇賞・秋が4番人気4着、今年の大阪杯では5番人気5着と、馬券(3着以内)に絡んだことはないが、3歳時から"GI級"と高い評価を与えられていた馬だ。本馬の足跡を振り返ってみよう。

 2歳時は11月のデビュー戦(京都・芝1600m)、続く千両賞(阪神・芝1600m)を連勝。年明けのGIII共同通信杯はリアルスティール、ドゥラメンテの強豪に次ぐ3着となり、GIII毎日杯も3着。続くOPプリンシパルS(東京・芝2000m)で3勝目を挙げた。

この記事の続きを読む

1