MLBスカウトが分析。田中将大はメッタ打ちスランプから脱出したか

 ヤンキースのエース、田中将大に何が起こっているのか──。

 5月14日のアストロズ戦、20日のレイズ戦で、田中は合計4回3分の2を投げて14失点・7被本塁打とメッタ打ちに遭った。本人も「キャリアの中でも最も悪かった2登板」と述べるなど、行く手には暗雲が漂ったかと思えた。

 しかし、背水の先発登板となった26日のアスレチックス戦では、7回3分の1を5安打1失点に抑えて復活。この日は四球をひとつも出さず、メジャーでの自己最多となる13奪三振をマークして気を吐いた。打線の援護がなかったために敗戦投手にはなったが、その投球内容はひとまずファンや関係者を安心させている。

 今季はここまで5勝4敗、防御率5.86。試合ごとの波がやや大きくなっている田中の現状や不調の原因、復活の理由について、あるメジャー球団の大ベテランスカウトに分析を求めてみた。

 チームに提出するレポートの記載内容も一部含まれるため、スカウトの所属球団、名前などは明かせない。しかし、彼が獲得した選手の中には殿堂入りプレーヤーも含まれており、球界でも一目置かれる存在であることは記しておきたい。27日のアスレチックス戦をヤンキースタジアムで観たそのスカウトに、田中の現状に関して率直な意見を話してもらった。

この記事の続きを読む

1