U−20日本代表、ベネズエラに苦杯も、東京五輪への希望は膨らんだ

 勝てる試合だった。もったいない。そう表現して構わない試合だろう。

 しかし、もしも結果が逆なら、それは相手の立場でも同じこと。客観的に試合内容から判断すれば、結果は妥当なものだったと認めざるをえない。

 U−20W杯の決勝トーナメント1回戦が行なわれ、ベネズエラと対戦した日本は、延長戦の末に0−1で敗れた。

 3試合すべてで前半に失点していたグループリーグに比べれば、日本は多少の運も味方につけてうまく試合に入った。前半を終えて0−0は、まずは第一関門クリア。MF堂安律が「想定内。プランどおりに進められていた」と言えば、DF冨安健洋も「グループリーグ3試合よりは落ち着いてできた」と振り返る。

 拮抗した展開のなかで、相手の焦りを誘いながら勝機をうかがう。おそらく日本がベネズエラに勝つためには、それしか手がなかった。0−0のまま、63分にはFW久保建英が途中出場。久保が出場した過去2試合と比べても、時間といい、展開といい、これ以上ない理想的な状況での切り札投入で、試合はまさに日本が思い描いたどおりに進んでいるかに思われた。

 だが、相手はグループリーグ3試合で無失点のベネズエラ。その強固なディフェンスをいつか破らなければ、勝利を手にすることはできない。堂安が続ける。

「あとは攻撃陣の得点だけだった。自分の責任かな、と思う。やっぱりシュートが少なかったし、バイタルエリアに入っていく回数が少なかった。そこにいくまでにボールを失うことが多かった」

この記事の続きを読む

1