いま日本一速い男...かも。関口雄飛がSF第2戦で異次元のぶっちぎり

 国内最高峰のフォーミュラカーレース「全日本スーパーフォーミュラ選手権」の第2戦が、岡山県にある岡山国際サーキットで5月27日〜28日に開催された。

 開幕戦とは異なるドライバーが上位を占めるレース展開となったが、そのなかでも目を見張るほどの強烈な走りを見せたのが、今季のチャンピオン候補のひとりと注目されている関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)だ。

 昨年からスーパーフォーミュラへの参戦を開始した関口は、第4戦・ツインリンクもてぎ(栃木県)で初ポールポジションから後続を圧倒して初優勝。第6戦・スポーツランドSUGO(宮城県)では不運なタイミングでのセーフティカー導入でひとりだけピットインのタイミングを逸し、もはや勝つチャンスを失ったかと思われたが、そこからライバルに1周あたり1秒も差をつける驚異的な走りでトップを死守。シーズン2勝目を挙げ、ファンや関係者を驚かせた。

 今シーズンは、さらなる活躍が期待されたが、開幕戦では12位。思うようにパフォーマンスを発揮できなかった。だが、岡山ラウンドでは一転、関口らしい"異次元の速さ"が蘇る。

 岡山での第2戦は2レース制が採用され、土曜日に第1レースの予選・決勝、日曜日に第2レースの予選・決勝を行なうという変則的なものになっている。前日の練習走行から好調だった関口は、第1レースの予選からライバルを圧倒した。

この記事の続きを読む

1