鞍上モレイラ&強気クルーズ師。安田記念の香港馬2頭は信じてOKか

 日本ダービーも終わり、今週末のGI安田記念(6月4日/東京・芝1600m)で6週連続開催となった春のGIシリーズもひと段落する。

 その安田記念、昨年の勝ち馬ロゴタイプ(牡7歳)をはじめ、昨年のマイルCS(2016年11月20日/京都・芝1600m)2着馬で、前走のGIIマイラーズC(4月23日/京都・芝1600m)で久しぶりの勝利を飾ったイスラボニータ(牡6歳)など、今年も実績のある好メンバーがそろった。ただ、日本のマイル戦線は今ひとつ新陳代謝が進んでいるとは言い難い。その間隙を突いて、虎視眈々と頂点を狙っているのが、香港からやって来る2頭の"刺客"だ。

 1頭は、昨年に続いて2年連続の出走となるコンテントメント(せん7歳)。前走のチャンピオンズマイル(5月7日/シャティン・芝1600m)では、昨年のクイーンズシルバージュビリーC(2016年2月28日/シャティン・芝1400m)以来、2度目のGI制覇を達成。香港の生え抜き馬で、ハイレベルな香港マイル戦線において常に上位クラスで奮闘してきた。

 昨年の安田記念では、12頭立ての9番人気でしんがり負けを喫した。しかしこれは、前年の10月から参戦したシーズン中に9戦を消化した疲労の蓄積が、初の海外遠征によって表面化したもの。現に、レース当日の馬体重は前走比マイナス約21kgと、とても結果を出せる状態にはなかった。

この記事の続きを読む

1