激増した3−4−2−1で選出。プレミアリーグ「私的ベスト11」発表

 チェルシーの戴冠で幕を閉じた2016−2017シーズンのプレミアリーグ。開幕前に「優勝候補」と叫ばれながら優勝争いに加われなかった3位シティと6位ユナイテッドのマンチェスター勢、在任21季目でサポーターから過去最大の解任論が巻き起こったアーセン・ベンゲル率いるアーセナル、昨季に続いてチャンピオンズリーグ出場権獲得で躍進したトッテナム・ホットスパー、そしてリーグ優勝から一転して苦戦が続いたレスター・シティと、さまざまなドラマが繰り広げられた。このコラムでは"私的"ベストイレブンを選出し、そこから今シーズンを紐解いてみたい。

 フォーメーションは、リーグ王者のチェルシーが採用した3−4−2−1。これまで4バックを基本型としてきたプレミアリーグで、同布陣を採用するクラブが劇的に増えた。チェルシーを皮切りに、トッテナムやマンチェスター・C、エバートン、ウェストハム・ユナイテッド、さらにはアーセナルまでもが3バックをベースに選んだ。

 まずGKには34歳のベテラン、リー・グラント(ストーク・シティ)を選出した。純粋なパフォーマンスで評価すればダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)やウーゴ・ロリス(トッテナム)が該当するが、ストーク・シティの正守護神ジャック・バトランドが長期離脱した穴を見事に埋めた点を評価。さらに、昨季まで英2部のダービー・カウンティに在籍し、今季がプレミアリーグ初挑戦という苦労人である点も加味したい。派手さはないが、堅実なセーブでゴールマウスを守った。

この記事の続きを読む

1