エアレース恐るべし。室屋義秀を支える 裏方たちも「凄腕パイロット」

 6月3日、4日に開催される、レッドブル・エアレース千葉2017(千葉・幕張海浜公園)。今季、第2戦のサンディエゴ大会でキャリア2勝目を挙げている室屋義秀は、昨年、自身の初勝利の舞台となった地元・日本での連覇を目指す。その室屋を現場で支えるキーパーソンが、チーム・コーディネーターのロバート・フライと、レース・アナリストを務めるベンジャミン・フリーラブだ。

「室屋さんとの付き合いは、かれこれ20年以上になるかなぁ......」と、流暢な日本語で語るのは、ニュージーランド出身のロバート。実は、1992年のアメリカズカップ(世界最高峰のヨットレース)で日本チームのクルーとして活躍したヨットマンなのだ。

「27年前、アメリカズカップでサンディエゴに行った時に飛行機の免許を取って、それから数年後に日本で飛行機に乗るようになってから室屋さんと知り合い、彼がエアショーをやり始めた頃から一緒に飛んだりしていたんです。僕は2006年に一度ニュージーランドに帰ったんですが、向こうでヒマをしてたら、2009年に室屋さんがレッドブル・エアレースに出ることになって。『一緒にチームをやらないか』と誘われたのがきっかけです」

この記事の続きを読む

1