兄弟子の逆転優勝に号泣していた新大関・?安。次は自分が賜杯を抱く

 新大関・?安が誕生した。日本相撲協会は5月31日、両国国技館で名古屋場所の番付編成会議と臨時理事会を開き、夏場所を11勝4敗で終えた関脇・?安(27歳・田子ノ浦部屋)の大関昇進を承認した。都内で行なわれた昇進伝達式の口上では、「大関の名に恥じぬよう、正々堂々精進します」と、大関としての責任を果たす決意を述べた。

 ?安にとって、夏場所は2度目の「大関取り」がかかった場所だった。初の挑戦となったのは昨年の九州場所。昇進の目安となる「三役での3場所33勝」まであと12勝に迫っていたが、7勝8敗の負け越しを喫してしまった。場所後に「精神的に強くならなければいけない」と明かしたように、重圧に押しつぶされた結果だった。

 すべてが振り出しに戻り、心機一転で臨んだ今年の初場所で、同部屋の兄弟子・稀勢の里(30歳)がついに初優勝を飾って横綱昇進を決めた。「絶対にあきらめず努力を続ければ夢はかなう」。優勝パレードで旗手を務めた?安にとって、隣でファンの歓声を浴びる兄弟子の姿はまぶしかった。

この記事の続きを読む

1