錦織圭の「日韓戦」は大丈夫か。 苦手のフランス人に快勝も右肩に不安

 錦織圭の完璧な試合運びと言えるはずだった。あの場面を迎えるまでは......。

 ローランギャロス(全仏オープン)2回戦で、第8シードの錦織圭(ATPランキング9位、5月29日付、以下同)は、ジェレミー・シャルディ(73位、フランス)を、6−3、6−0、7−6(5)で破り、3年連続で3回戦に進出した。

 27歳の錦織と30歳のシャルディは、ジュニア時代から対戦がある旧知の仲。プロになってからの対戦成績は錦織の5勝2敗だが、クレーコートに限れば、シャルディの2勝1敗だ。

 試合はお互いのサービスブレークで始まったものの、錦織が第1セット第7ゲームから第3セット第3ゲームまで、シャルディのサービスゲームを6回連続でブレークすることに成功し、12ゲーム連取をしてシャルディを圧倒した。

 錦織は右手首の不安を払拭するようなグラウンドストロークの冴えを見せ、しかもミスを第1セットと第2セットとも、わずか4本ずつに抑えた。シャルディは錦織にストロークで先手を取られ、大半のポイントで主導権を握られた。

「圭が今日の自分よりよかっただけ。彼は本当にいいプレーをしたし、自分にとっては難しい状況だった。圭はミスをしなかったし、僕は次々とゲームを失った。どうプレーしたらいいかわらなかったし、しばらく解決策を見い出せなかった」

この記事の続きを読む

1