「真のライダー」だったニッキー・ヘイデン。ホンダ元監督が語る人柄

 おおらかな性格と魅力的な笑顔で、ニッキー・ヘイデンはあらゆる人に愛された。2002年にAMA(全米選手権)スーパーバイクのチャンピオンを獲得したヘイデンは、翌2003年に21歳でMotoGPのレプソル・ホンダ・チームに抜擢。2006年にはバレンティーノ・ロッシと最終戦まで激しいチャンピオン争いを繰り広げた末、年間総合優勝を達成。2016年からは戦いの場をスーパーバイク世界選手権(SBK)に移した。

 2017年のSBKシーズン第5戦・イタリア大会(5月13日〜14日/イモラ)を終えたヘイデンは、同国内で自転車トレーニングを行なっていた際に自動車事故に遭遇。重篤な状態で病院へ搬送され、懸命の治療が続いたが、5月22日に35歳の若さで逝去した。

「ケンタッキー・キッド」の愛称で親しまれたヘイデンは、ホンダファクトリー時代からどんな物事に対しても真摯に取り組む姿勢で知られていた。プレシーズンテストでは、コースがオープンすると同時に走り出し、誰よりも多く周回数を重ねた。灼熱のセパン・サーキットでひたむきに走り込む彼の姿を評して、あるスタッフは「ニッキーの場合は『止まると死んじゃう病』だから」と笑いながら話した。

 そのヘイデンが所属していたレプソル・ホンダ・チームに、HRC(ホンダ・レーシング・コーポレーション)から山野一彦が監督として就任したのは2008年のこと。2006年に年間王座を獲得したチャンピオン監督・田中誠の後任だった。

この記事の続きを読む

1