桃田賢斗は生まれ変わったか。謹慎中に考えたこと、取り組んだこと

 5月27日から31日にかけて、さいたま市記念総合体育館で行なわれた「バドミントン日本ランキングサーキット大会」。男子シングルス決勝で日本代表の上田拓馬(日本ユニシス)を下した桃田賢斗(NTT東日本)は、相手のシャトルがラインを割って勝利が決まると、両手でガッツポーズをしたあとにコートへうずくまり、しばらく涙を流し続けた。

 違法賭博行為で無期限の出場停止処分を受けてから、1年半ぶりに復帰した大会。桃田は27日の1回戦から硬い表情を崩さなかった。初戦はかつて同じNTT東日本に所属していた和田周(JTEKT)。互いに手のうちを知っている相手だが、21−7、21−8とわずか27分で決着をつけた。

 余裕のあるプレーぶりに見えたが、桃田の心の中は違った。

「名前をコールされたときはまだアップ中だったので気にならなかったですが、主審から『試合だよ』と呼ばれたときになって、自分がこれから試合をするというのが現実的になり、一気に緊張してきました。今までに感じたことがないような複雑な緊張だったし、試合でも点数的には離れていましたが、本当に最後の最後まで余裕がなく、気持ちはすごくいっぱいいっぱいでした」

 そんな緊張感は、2回戦の小野寺雅之(早稲田大)を21−14、21−12で破り、準々決勝の古賀穂(早稲田大)を21−19、21−7で下しても消えなかった。

この記事の続きを読む

1