米ゴルフ界も騒然。引退を決めた宮里藍とPGAツアーの関係を振り返る

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス
 5月26日、今季限りでの現役引退を発表した宮里藍(31歳)のニュースは、米ゴルフ界にも瞬時に伝わってきた。

 米女子ツアー(LPGA)で通算9勝を挙げて、世界ランキング1位の座にも就いた宮里藍の存在は、男子ゴルフ界でもよく知られている。31歳という若さでの引退発表は衝撃的なもので、米ゴルフメディアでも大きく取り上げられた。

 宮里藍がアメリカに来てから12年。その間、男子のPGAツアーの試合を観戦したことが何度かある。

 米ツアー本格参戦2年目を迎える2007年のオフには、年明けから長男の聖志、次男の優作と3兄弟そろってハワイでオフのトレーニングを実施。確か、ハワイ大学のキャンパスで過ごしていたと記憶している。当時の宮里藍は、日本ではタイガー・ウッズ並みのスーパースター。もちろん今でも大人気ではあるけれども、その頃の注目度は尋常ではなかった。彼女の一挙手一投足を逃すまいと、行く先々でメディアやファンが殺到していた。

 そんな彼女がトレーニング拠点のすぐ近く、ワイアラエCCで開催されていたソニー・オープン・イン・ハワイを観戦。コースに足を運んだのは、同大会に出場していた兄・優作の応援のため、だったように思う。

 時のゴルフ記者たちは、試合そっちのけで宮里藍の姿を追いかけた。PGAツアー観戦の感想をひと言、彼女から聞きたかったからだ。そして、記者たちは囲み取材を依頼した。

この記事の続きを読む

1