小川直也が語る今の日本柔道界。若手ホープに期待も、重量級には喝!

【小川直也が見る日本柔道 前編】 

 全日本選抜柔道体重別選手権と全日本柔道選手権が終わり、8月に開催されるブダペスト世界選手権の代表が決定した。高藤直寿(60kg級)や永瀬貴規(81kg級)など、昨年のリオ五輪代表選手が選ばれる一方、3度目の全日本選手権制覇を遂げた王子谷剛志(100kg超級)や成長著しい阿部一二三(66kg級)という新星も選出された。

 全日本選手権を制覇した王子谷(右)をはじめ、世界選手権の代表に選ばれた選手たち

 1992年バルセロナ五輪の銀メダリストであり、全日本選手権を7度制した(5連覇含む)小川直也氏は、昨年のリオ五輪において全7階級でメダルを獲得した男子柔道界をどのように見ているのか。神奈川県の茅ヶ崎海岸近くにある小川道場で話を聞いた。

***

──世界選手権の代表が決定しましたが、顔ぶれにはどんな印象をお持ちですか?

「高校時代に強かった選手、あるいは大学で大きく実力を伸ばした選手が順調に成長している印象を受けましたね。そして、昨年のリオ五輪の代表選手が数名。今年の世界選手権は、リオ五輪に出場した国内外のトップ選手にとっては『お休みの年』だから、若手にはチャンスだし、存在感をアピールする場になる」

この記事の続きを読む

1