大宮が最下位脱出。新監督が見せた「降格圏でも勇敢に戦うサッカー」

 5月27日、J1大宮アルディージャは渋谷洋樹監督を解任した。昨季は5位と大健闘したが、今季は最下位に沈んでいた。成績不振を理由に、伊藤彰コーチの内部昇格による監督就任を発表している。

 新監督はどんなサッカーで、チームを立て直そうというのか?

「選手はトレーニングから、高いモチベーションで取り組んでくれています」

 伊藤新監督は明瞭な口調で言う。ひとつの質問に対し、簡潔に答える。そこに余計な感情は挟まない。"戦術マニア"と関係者の間で言われるが、合理的な性格か。

 そのリーグ戦初戦で、目指すべきプレーモデルははっきりと見えた。

 6月4日、大宮は本拠地NACKスタジアムにサガン鳥栖を迎えている。伊藤体制になってから初のJ1リーグ戦。是が非でも落とせないゲームだが、それ以上に「戦いの道筋を示せるか」が問われた。

 渋谷体制での大宮は、4−4−2を基本フォーメーションにしてきた。しかし、伊藤監督は4−1−4−1を選択。より攻撃的なマインドで戦いに挑んでいる。

「降格圏にあるチームとは思えないほど、無理してもボールをつなげようとしてきた」

この記事の続きを読む

1