またもユベントスのCL制覇叶わず。ブッフォンの夢はディバラに託す

 4失点目を喫したジャンルイジ・ブッフォンがネットからボールを取り出し、ピッチに何度も弾ませる。64分に3点目を決められ、84分にフアン・クアドラードが退場した時に実質的には勝負は決まってしまったが、それからも39歳の主将は手を叩いて仲間を鼓舞してきた。落ち着け、コンパクトな形を維持しろ、そして最後まで諦めるな、と。

 しかし、90分にマルコ・アセンシオにダメ押しのゴールを決められた時、いつもはポジティブな守護神でさえ、うつむき、所在なさげにボールをただバウンドさせることしかできなかった。失望か、諦念(ていねん)か。その脳裏には何が浮かんでいたのだろうか。

 1−4の敗北。イタリアの"老貴婦人"ユベントスと、スペインの"白い巨人"レアル・マドリードによるクラシック・ファイナルは、接戦になることも予想されたが、最終的には後者が格の違いを見せつける結果となった。これにより、ユーベはチャンピオンズリーグ(チャンピオンズカップ時代を含む)決勝で7度目の黒星を喫し、不名誉な記録を更新。自身3度目の正直を狙ったブッフォンも、またしても頂にたどり着けなかった。

この記事の続きを読む

1