傷だらけのケイvs世界一のマリー。正念場となる錦織の全仏準々決勝

 満身創痍の錦織圭が、どうにか準々決勝まで辿り着いた――。

 ローランギャロス(全仏オープンテニス)4回戦で、第8シードの錦織圭(ATPランキング9位、5月29日付、以下同)は、フェルナンド・ベルダスコ(37位、スペイン)を、0−6、6−4、6−4、6−0で破り、2015年以来2度目のベスト8進出を果たした。

 錦織のグランドスラムでの準々決勝進出は7度目となり、1930年代に活躍した佐藤次郎の6回を抜いて日本人男子選手では史上最多になった。

「(3回戦が2日越しで)3日連続だったので、もちろん疲れは溜まっています。それはみんなに言えることで相手もそうですし。タフな2試合を勝ち上がってこれたのはすごく自信になります。特に今日は長いラリーも多く、本当にクレーコーター(クレーが得意なベルダスコ選手)との試合だったので、この試合を勝てたのはすごく嬉しいですね」

 こう振り返った錦織を、ダンテ・ボッティーニコーチは「準々決勝に進めて、まずはよかったね」と労(ねぎら)った。

 4回戦は強い風が吹く中で、両者ともにボールをクリーンヒットすることができずゲームメイクに苦心した。

この記事の続きを読む

1