13歳・張本智和こそ、水谷隼が 「中国を倒すには必要」と熱望した才能

 あらゆるスポーツシーンを振り返っても、13歳の少年がこれだけ世界を驚嘆させたのは初めてではないだろうか。史上最年少の日本代表として世界選手権の舞台に乗り込んだ張本智和は、シングルス2回戦でリオデジャネイロ五輪シングルス銅メダリストの水谷隼を破る大金星をあげると、一気にベスト8にまで上り詰めた。

 怪物、神童、100年にひとりの逸材......。さまざまな看板を背中に貼り付けられた少年の未来は、日本卓球界の悲願である"中国越え"につながっていくのだろうか。

「東京五輪で中国を倒すには、僕を超える才能が必要です」

 水谷隼がそう語ったのは今年3月。卓球専門誌が企画し、筆者がホスト役を務めた"天才・怪物対談"の場だった。水谷は「今のところ、その才能として思い当たるのは張本しかいません」と言葉をつなぐと、世界ジュニア選手権を最年少で制したばかりの張本は、憧れのメダリストの隣で照れ笑いを浮かべた。

 同じ13歳の時、水谷は自らの人生に卓球を重ねて考えることさえなかった。生まれ育った静岡の中学から青森山田中に転校し、武者修行のためにドイツへ渡るのは14歳になってからである。

この記事の続きを読む

1