スランプあり、世界1位あり。米ツアー12年間を彩る「宮里藍語録」

 宮里藍(31歳)が突然、今季限りの現役引退を発表。その一報には日本中が驚いた。

 5月29日には記者会見が行なわれ、本人の口から「モチベーションの維持が難しくなった」と、引退の理由が語られた。そして今週、現時点では現役"最後"の日本ツアー参戦と言われている、サントリーレディスオープン(6月8日〜11日/兵庫県)に出場。その一挙一動に注目が集まっている──。

 今季開幕前のオフも、例年どおりアリゾナ州でトレーニングを行なっていた宮里藍。ゆえに"引退"など、まったく予期していなかった。おそらく、今季もここまで「(今季が)最後だと思えば、がんばれる」と自らに言い聞かせ、周囲に対してはこれまでと変わらぬ姿勢を見せて、彼女らしく真っ直ぐ前を見て戦ってきたのだろう。そう思うと、胸が痛んだ。

 宮里藍は、ゴルフに対して常に真摯に向き合ってきた。その中で、ファンを大切にし、メディアへの対応も誠実にこなしてきた。だからこそ、多くの人々に愛されている。

 2006年に米ツアー本格参戦を果たしてからも、そのスタイルは変わっていない。その間、彼女の力強い言葉や前向きなコメントに、どれほどの感銘を受けただろうか。また、詰めかけたメディアのために披露してくれた微笑ましいエピソードや、人柄のよさがにじみ出た彼女の優しく、温かいフレーズに、どれだけ心を癒されたことか。

 そこで、米ツアー12年間における、印象深い『宮里藍・語録』を少し振り返ってみたい。

         ◆         ◆         ◆

この記事の続きを読む

1