200mの飯塚翔太が、東京五輪100m代表&9秒台争いにも急浮上

 当初は出場の意向だったという桐生祥秀(東洋大)が、ダイヤモンドリーグ・ローマ大会出場を選び、山縣亮太(セイコー)も足の不安で出場を取り止めた6月4日の鳥取・布施スプリント。会場に詰めかけた観客やメディアの注目は、シーズン初戦のアメリカで追い風参考記録ながら9秒98を出したケンブリッジ飛鳥(ナイキ)に集まった。しかし、今大会の主役に躍り出たのはリオデジャネイロ五輪4×100mリレーの銀メダリスト飯塚翔太(ミズノ)だった。

 追い風が吹くコンディションのなか始まった男子100m。有力選手が集まる予選第1組はケンブリッジが10秒11で1位になったが、追い風参考記録となる2.9mが吹いていた。第2組、第3組も追い風参考記録が続くなか、第4組の飯塚は、スタートからスムーズに抜け出して1位でゴール。追い風は公認範囲の1.7mだった。速報タイムは世界選手権参加標準記録に並ぶ10秒12。その後、正式記録は10秒10と表示され、自己記録を0秒12更新した。

 走り終えた飯塚は、「100mはどれだけ出るかわからなかったので、びっくりです。次はいいメンバーと走るので、そこでも同じ記録を出せればいいと思う」と興奮気味。

 専門種目の200mで優勝を狙っていた、5月21日のゴールデングランプリ川崎では、疲労が残った状態で走って5位に沈んだ。走りの修正と動きのキレを戻すために今大会出場を決めたが、申し込みが遅れたことでプレッシャーのかからない第4組に入ったことも幸いした。

この記事の続きを読む

1