【月報・青学陸上部】「箱根3区を狙う」春の成長株、橋詰大慧という男

■極私的! 月報・青学陸上部 第34回

 関東インカレ初日――。

 男子(2部)1万m決勝が始まろうとしていた。青学からは、橋詰大慧(はしづめ・たいせい/3年)、橋間貴弥(はしま・たかや/3年)、森田歩希(もりた・ほまれ/3年)の3人がエントリーし、スタートラインに並んでいた。このレースにはケニア勢に加え、鈴木健吾(神奈川大・4年)、工藤有生(駒澤大・4年)ら箱根を賑わせた有力選手が参加している。

 その中で只今"絶好調"の橋詰がどのくらいやれるのか。橋詰はトラックシーズン、一番の成長株だ。

 原晋監督は「まだまだでしょ。これからもっと伸びるよ」と今後に大きな期待を寄せ、安藤弘敏コーチも「今年の橋詰はいいよ。箱根3区候補になりえる存在になってきた」と、その力を認めている。

  実際、今年の橋詰は走るたびに自己ベストを更新している。

 ●2月5日  神奈川ハーフマラソン:1時間02分56秒(自己ベスト更新)
 ●3月5日 日本学生ハーフマラソン(立川):1時間02分46秒(自己ベスト更新)
 ●4月1日 金栗記念(5000m):13分58秒(自己ベスト更新)
 ●4月22日 日体大記録会(1万m):29分02秒30(自己ベスト更新)
 ●4月29日 織田記念陸上(5000m):13分49秒47(自己ベスト更新)

この記事の続きを読む

1