代表離脱の香川真司。ドルトムント「知日派」新監督で立場は好転するか

 7日に行なわれた日本対シリア戦に先発した香川真司は、前半9分、負傷のため交代した。試合後に受けた診断の結果は左肩関節前方脱臼で、最終予選イラク戦を前にチームを離脱することとなった。

 香川は日本サッカー協会を通じて「残念かつ申し訳ない形でチームを離れますが、こればかりは仕方ないので、今は怪我を一日でも早く治すことに集中したいと思います。日本代表が勝つことを祈ることしかできませんが、勝利を信じて、戦ってきてほしいと思います」と、コメントを発表している。

 今回のケガは、自陣で相手フォワードのドリブルを止めにかかって倒れた際、無理な体勢で手をついたことによるもの。キリンチャレンジ杯という親善試合、前半9分という時間帯、しかも守備による負傷。気合いが空回りして本番であるイラク戦でプレーできないのは、本末転倒としか言いようがない。ハリルホジッチ体制になってから、香川が代表遠征に同行しなかったのは、国内組で臨んだ2015年の東アジアカップ以来である。

 シリア戦前日の6日、香川の所属するドルトムントでは新監督が発表された。新監督には昨季までアヤックスを率いたオランダ人のペーター・ボスが就任する。ボスはかつてジェフ市原でプレー経験があり、日本人としては親近感を抱くところだ。

この記事の続きを読む

1