車いす陸上短距離の超人。パラ7回出場の永尾嘉章氏が、ついに引退宣言

 国内屈指のスプリンターとして、日本のパラ陸上の短距離界を約30年間にわたってけん引してきた永尾嘉章さん(ANAORI A.C/兵庫県加東健康福祉事務所)が、現役に別れを告げることを決めた。

 車いすの中で、もっとも障がいが軽いT54というクラスは、世界でも選手層が厚い激戦区だ。なかでも猛者(もさ)が集まる100m、200mなどの短距離を永尾さんは主戦場としてきた。パラリンピックには7度出場。2004年のアテネパラリンピックの4×400mリレーでは銅メダルを獲得した。それ以降も第一線で活躍し続け、53歳で迎えた昨年のリオパラリンピック100mでは、日本人唯一のファイナリストとなったが、一方で、400mは予選敗退に終わった。完敗に近いレース内容で、その結果が最後まで心に棘(とげ)のように引っかかっていた。

「リオは良くも悪くも、世界のなかの自分の実力が明確にわかってしまった。特に400mでは、今まで持っていたような次のステージへのイメージができなくなった」

 引退のきっかけについて、永尾さんはそう語る。

 アスリートの引退の理由で"体力の限界"というフレーズはよく聞くが、永尾さんにおいてそれは当てはまらない。もともとの力強い走りに、肩関節の柔軟性、肩甲骨の可動域を向上させる加圧トレーニングの効果もあって、リオ前のシーズンでは、スイスの大会で自身が持つ100mの日本記録を15年ぶりに塗り替え、また別の大会では400mでも日本記録を11年ぶりに更新した。

この記事の続きを読む

1