泥臭く走るしかない!「レベルが低い」今季の 東福岡が目指すサッカー

シリーズ・部活の現場に行ってみた!(1)

 1998年の1月8日に、高校サッカーファンの間で語り継がれている「雪上決戦」が行なわれた。

 国立競技場が真っ白に染まるほどの大雪の中、第76回全国高校サッカー選手権の決勝で相対した東福岡高校と帝京高校。先制したのは、中田浩二(元鹿島アントラーズ)がキャプテンを務めていた帝京だった。前半21分、中田のクロスからゴールネットを揺らし、前年のインターハイ決勝で東福岡に屈した悔しさを晴らすかに思われた。

 しかし、東福岡はすぐさま同点に追いつくと、後半開始早々に本山雅志(ギラヴァンツ北九州)のアシストから勝ち越し点を奪う。その後も、多彩なタレントたちがゲームを支配し、2−1で初の選手権制覇を成し遂げた。

 インターハイ、高円宮杯全日本ユースに続いて頂点に輝いた東福岡は、全日本ユースの第1回大会(1990年)が開催されて以降、史上初の高校サッカー「三冠」を達成。それから20年余りが過ぎた現在も、その快挙に到達したチームは出てきていない。

 次に三冠を達成するのはどの高校か――。全国の強豪と共に、福岡の"赤い彗星"も毎年のように候補に挙がるが、森重潤也監督は今年のチームについて「辛抱の年になる」と厳しい表情で切り出した。

「例年、プロや大学に引っ張ってもらえるような選手が何人かいるものですが、今年は全体的に見てレベルが高くない。しっかり勝てるチームになるまでには、夏か、もしくは冬までかかるかもしれない。それでも、他のチームは『打倒・東福岡』と向かってくる。相手が気を緩めてくれない厳しさはありますね」

この記事の続きを読む

1