【月報・青学陸上部】箱根で勝つのに必要な4年生の調子が上がらない

■極私的! 月報・青学陸上部 第35回

 関東インカレ、最終日――。

 この日は朝から日差しが強く、気温がグングン上がっていた。9時スタートだが、ロードの周りの気温はすでに25度近くある。暑さとの戦いで厳しいレースになりそうだ。

 ハーフマラソンを走る選手たちを応援するために、コースの沿道には各大学の応援や父兄、大学関係者が陣を取っている。青学陸上部の選手やマネージャーたちも数名単位でコースに散らばっている。

 青学からは下田裕太(4年)、山田滉介(3年)、林奎介(3年)の3名がエントリーしていた。

 関カレのハーフマラソンは青学がここ3年間、神野大地、池田生成(2連覇)で3連覇している。4連覇をかけてのレースになるが、この種目は箱根につながるレースでもある。昨年、原晋監督は池田が連覇したことを喝采し、箱根での起用を決めた。そして、池田は9区を走り、箱根3連覇に貢献したのだ。

 箱根を目指す山田、林にとっては大きなチャンスだった。

 しかし、林は1周目から遅れ始め、周回遅れになって途中棄権。昨年は箱根駅伝のメンバーに登録され、今年の飛躍が期待されたが、新シーズンの朝練に寝坊して原監督に激怒され、坊主になり出直しとなった。ただ、それ以降、レースでなかなか結果が出ていない。

この記事の続きを読む

1