鮫島、中島でエース封じ。なでしこがオランダに3カ月前のリベンジ

 5月に熊本で行なわれた、キリンチャレンジカップ2017のコスタリカ戦から1カ月、なでしこジャパンはオランダ・ベルギー遠征に臨んでいる。これは実戦の中でチームを積み上げていきたいという高倉麻子監督の意向が反映されたもの。今回はチーム力を構築するためにも、コスタリカ戦のメンバーを大筋でスライドさせ、3月のアルガルベカップをケガで離脱した菅澤優依香(浦和レッズL)を招集した。

 6月9日、遠征第1戦となるオランダとの対戦で、日本は1−0で勝利を手にした。オランダといえば、思い出すのはアルガルベカップの最終戦。前半に早々と2失点を喫し、同点に追いついたものの、退場者を出した相手に終了間際の失点で敗北(2−3)した苦々しさは記憶に新しい。さまざまな課題が浮き彫りになった試合だっただけに、間を置かずしての再戦を完封で逃げ切れたことは意義深い。

 実際、この日の日本は3カ月前とは異なる戦い方を見せた。まず徹底していたのは、前回の対戦で壊滅的に破られていた左サイドの対応だった。ターゲットはもちろん天敵・7番のファンデサンデン。左サイドバックの鮫島彩(INAC神戸)がチェックに入ると、すかさず左サイドハーフの中島依美(INAC神戸)がプレスバック。この2人がかりのファンデサンデン封じがハマった。ボランチの阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)やトップのポジションも、ややサイドへ寄り気味で、縦ライン全員が連係することで、弱点だと思われていた日本の左サイドが強固なものとなった。しびれを切らした7番はついに逆サイドへ流れていった。

この記事の続きを読む

1