10度目の2位。それでもR・ファウラーは勝者の最終パットに歓喜した

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 ジャック・ニクラウスがホストを務めるメモリアル・トーナメント(6月1日〜4日/オハイオ州ダブリン・ミュアフィールドビレッジ)。最終日に優勝争いを演じたのは、リッキー・ファウラー(28歳/アメリカ)とジェイソン・ダフナー(40歳/アメリカ)だった。

 ふたりは同じ組だったが、最終組ではなかった。ダフナーは2日目まで首位を守っていたが、3日目に「77」と崩れて通算9アンダー、首位と4打差の3位タイに後退。最終日は、これに1打差で続く6位タイのファウラーとともにスタートした。

 上位陣がスコアを崩す中、最初に抜け出したのはファウラーだった。11番でこの日4つ目のバーディーを奪って、通算12アンダーとして首位に浮上した。一方、ダフナーも12番を終えて、ふたつスコアを伸ばして通算11アンダー。1打差でファウラーを追った。

 最終組よりふたつ前の組で優勝を争ったファウラーとダフナー。最終的には終盤に粘りを見せたダフナーがさらにスコアを伸ばし、逆に終盤で崩れたファウラーを振り切って優勝した。2位に終わったファウラーは、雷雨による中断後、14番パー4でボギーを叩くと勢いを失ってしまった。

 ファウラーが2位で終わるのは、これでキャリア10度目だ。どうにも「最後で勝てない」というイメージが払拭できない。

この記事の続きを読む

1