復帰すぐトライで大暴れ。リーチ マイケルが魂に火をつけて帰ってきた

 ふたたび心に火が灯(とも)った、頼れる元主将が戻ってきた――。

 ワールドカップまであと2年あまりとなった6月10日、ラグビー日本代表(世界ランキング11位)は2019年の本番で同じプールになる可能性が高いルーマニア代表(同16位)と熊本・えがお健康スタジアムで対戦した。

 この試合で桜のジャージーの「6番」を身にまとい、約2年ぶりに日本代表に復帰したのが元キャプテンのFL(フランカー)リーチ マイケルだ。リーチといえば、エディー・ジョーンズ体制の2015年ワールドカップで南アフリカ戦を含む3勝を挙げたチームの大黒柱であり、リーチにとってはそのワールドカップ以来の代表戦となった。

 最高気温が28度を超えるなか、1万8000人近くのファンが集まったスタジアムで、リーチは持ち前の強いタックルと運動量でFWの大きなルーマニア相手にプレッシャーをかけ続けた。ラインアウトや空中戦では、そのジャンプ力を活かしてボールを華麗にキャッチ。後半1分、ラインアウトを起点にSO(スタンドオフ)小倉順平からのノールックパスをキャッチすると、豪快なランニングを見せて中央に飛び込み、自らトライも挙げた。

「トライはワールドカップの南アフリカ戦以来。ボールを持って走ってのトライは久しぶり。大学以来でしたね!」(リーチ)

この記事の続きを読む

1