過去データで見るイラク戦。日本が圧倒も「開催地イラン」に落とし穴

 残り3試合。2018年W杯アジア最終予選はいよいよ佳境を迎えている。7戦を終えて首位に立った日本の次なる相手は、すでにW杯出場が絶望となったイラク(6月13日/イラン)。勝てば、プレーオフ出場圏内の3位以上が確定する大事な一戦だ。逆に、勝ち点を落とすようなことがあれば、熾烈なサバイバルに再び巻き込まれることになる。

【W杯アジア最終予選 グループB順位表】
           勝ち点 勝ち 分け 負け 得点 失点
1位 日本       16  5  1  1  14  5
2位 サウジアラビア  16  5  1  2  15  8
3位 オーストラリア  16  4  4  0  14  8
4位 UAE      9  3  0  4  7  10
5位 イラク      4  1  1  5  7  10
6位 タイ       1  0  1  6  3  19
※2017年6月11日時点。サウジアラビアとオーストラリアはすでに8戦目を消化。

 テータ的には、日本有利は動かない。それだけ、イラクとの相性はいい。2000年以降、7度対戦しているが、7連勝と圧倒している。

 また、現代表メンバーのFW原口元気は、イラク戦2試合に出場して2得点を記録。他にも、FW本田圭佑、FW岡崎慎司もイラク相手にはそれぞれ2ゴールをマークしていて、イラクとの相性がいい選手が多いのも好材料だ。

1 2 次へ