高橋由伸監督に欠ける危機管理能力。名コーチが目配りの必要性を諭す

名コーチ・伊勢孝夫の「ベンチ越しの野球学」連載●第1回
 選手、フロント、コーチとして50年以上もプロ野球界に身を置いてきた伊勢孝夫氏。野村克也監督政権下のヤクルトでは打撃コーチとして2度の日本一に貢献し、渡り歩いた各球団で中村紀洋や坂本勇人、山田哲人らを育て上げるなど、球界屈指の名コーチとして名を馳せた。プロ野球界の表も裏も知り尽くした男だからこそ語れる「究極の野球学」に耳を傾けてみよう。

* * *

《球団記録となった連敗は13で止めたものの、そのあと日本ハムに2連敗。巨人・高橋由伸監督の2年目は、想像以上に厳しい戦いが待っていた。獲得したFA選手の不振、ドラフト戦略、選手育成の遅れ......など、低迷の原因としてフロントの問題も取り沙汰されている。その一方で、高橋監督の「指導者としての経験のなさ」も指摘されている。では、高橋監督に足りないものは何なのか。そもそも指導者としての経験とは、何を意味するのだろうか。》

 まあ、巨人にとっていちばんアンラッキーだったのは、チームの調子が落ち始めたときに交流戦が始まったことだろう。今の巨人の投打では、パ・リーグ相手に苦戦するのは明らかだ。しかし、そんなことは交流戦前にわかっていたはず。より正確に言うなら、わかっていなければいけないことだった。つまり、セ・リーグ相手の戦いと何を変えて臨むのか、明確な方針を持つべきだったのに、巨人はなし崩し的にズルズルと交流戦に突入してしまった。

この記事の続きを読む

1