「選手強化しても勝てなかった」立教大を18年ぶり優勝に導いたもの

 100年近い歴史を誇る東京六大学野球連盟には6つの大学しか所属していない。他のリーグとは違って2部もないため、当然、入れ替え戦が行なわれることはない。常に、早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、法政大学、立教大学、そして東京大学の間で優勝が争われる。だから、確率的には6シーズンに一度は優勝してもおかしくはないのだが、実力の世界ではそう簡単にはいかない。

 今春のリーグ戦で立教が優勝を果たしたが、これは1999年秋以来18年ぶりにして35シーズンぶり。今世紀初ということでも話題になった。もう2017年なのに、今世紀初である。立教大学野球部OBのひとりとして優勝は当然うれしいが、どうしてこれほど勝てなかったのかという疑問も出てくる。

 私が1986年に入部した当時も、立教は1966年以来、20年も優勝から遠ざかっていた。5位が指定席といった状況で、東大の後塵を拝することも珍しくなかった。私の同期には立教高校(現立教新座、1985年夏の甲子園に出場)のメンバーの他にも甲子園経験者がいたものの、2年生以上で甲子園に出た先輩はひとりだけ。全国から野球エリートが集結していた明治、法政にはとても対抗できる戦力ではなかった。ただそれでも、ドラフト候補揃いの強敵から幾度も勝ち星を挙げ、私が4年生になった1989年秋には23年ぶりの優勝を勝ち取ることができた。

この記事の続きを読む

1