イングランド時代、到来か。U−20W杯に見る世界と日本の勢力図

 サッカーにおける世界の勢力図が、また変わるきっかけになるかもしれない。

 そんなことを思わずにはいられないほど、イングランドが見せたサッカーは美しく、そして強かった。

 韓国で開かれていたU−20W杯は6月11日、水原ワールドカップスタジアムで決勝が行なわれ、ベネズエラを1−0で下したイングランドが初の栄冠を手にした。カテゴリーを問わず、イングランドが世界チャンピオンになるのは、1966年W杯イングランド大会以来、実に51年ぶりのことだ。

 U−20イングランド代表のポール・シンプソン監督は、輝く優勝メダルを胸に、誇らしげに語る。

「勝因はシンプル。強いチームだったからだ。いい選手がいいプランに沿って行動し、コーチ陣はもちろん、メディカルなども含めていいスタッフがそれを支え、すべてがまとまってチームとして戦った結果だ」

 従来のイングランドというと、無骨なサッカーのイメージが強かった。テクニックよりフィジカル。細かくパスをつなぐよりも、ダイレクトにゴールへ向かう。そんなサッカーである。

 現在でこそ、世界中からスター選手が集まるプレミアリーグの影響もあり、そうした印象も薄れてきてはいる。それでも、やはり他のヨーロッパ諸国、特にスペイン、フランス、ドイツあたりと比べれば、繊細さに欠ける大味なサッカーの印象は否めない。

 ところが、今回20歳以下のW杯を制したチームは、そんな旧態依然としたイメージとは一線を画す。イングランドのサッカーは明らかに変わっていた。

この記事の続きを読む

1