まさかのエンジンブローでホンダに衝撃。次戦は新ユニットで正念場に

「フェルナンド、P12(予選12位)だ。でもQ3までほんのわずかな差だった。トップのハミルトンからは1.2秒落ちだ」

「ってことはポールポジションだな! グッド!」

 予選を12位で終えたフェルナンド・アロンソは、担当レースエンジニアのマーク・テンプルから結果を知らされてそう言った。パワーユニットにメルセデスAMGくらいのパワーがあれば自分たちが勝てたという、皮肉を込めたジョークだ。

 メルセデスAMGとホンダの出力差は50kW(約68馬力)。ラップタイムにすれば1.0〜1.25秒の差になる。そういう計算だ。

「僕らはストレートでどれだけ失っているかを知っている。それを考えると、今日の僕らはとてもコンペティティブ(競争力がある)だった。ストレートでは10km/h遅いけど、それ以外の部分では最高の走りができている」(アロンソ)

 ただし続くQ3で、メルセデスAMGは予選モードでさらに20kW(約0.4〜0.5秒に相当)を絞り出し、ルイス・ハミルトンも全身全霊の走りでさらに1秒を縮めてきた。仮にパワーが同じだったとしても、ポールポジションは獲れなかっただろう。

 ストレートが遅いのは、パワー不足が大きな要因ではあるものの、空力面にも理由がある。多くのチームはカナダGP用に空気抵抗の小さいリアウイングを持ち込んだり、Tウイングやモンキーシートと呼ばれる空力付加物を取り払ったりして、ダウンフォースの確保よりも空気抵抗の削減に工夫していた。それに対し、マクラーレン・ホンダはドラッグなど気にせず、ダウンフォースを追求する超低速のモナコGPと同じ空力パッケージを持ち込んで来ていたのだ。

この記事の続きを読む

1