心許ないハリルホジッチ采配。イラク戦で「悪い予感」がさらに膨らんだ

 イラクにアウェーで1−1。その6日前に、そのイラクよりレベルが落ちるシリアにホームで1−1の引き分けを演じた日本にとって、これは驚くべき結果ではない。加えて言えば、イラクの勝ち点は試合前4で、6チーム中5位。すでに予選落ちを確定させている中での試合だ。会場もテヘラン(イラン)である。ホームではない。モチベーションでもイラクは日本より大幅に劣っていた。条件的には日本断然優位だったにもかかわらず、結果は1−1。それが妥当なスコアに見えるところに、弱体化した日本を見る気がする。

 しかし、こうした現状は十分予想することができた。右肩上がりの時代が終焉を告げたことは、遅くとも2014年ブラジルW杯前後に判明していた。低下した選手のレベルをいかに上げるか。それを監督の采配力でいかに食い止めるか。日本代表には、これまでにも増して監督の重要性が問われていた。

 そのタイミングで就任したのがハリルホジッチ。弱体化しつつある日本の救世主になれるか。期待せずにはいられない監督だった。彼にそうした認識があったかどうか定かではないが、これまで、その監督采配に因って勝ったという試合に遭遇したことはない。弱体化した選手と一緒になって、もがき苦しんでいるという印象だ。

この記事の続きを読む

1