日本男子バレーに明るい兆しか。活動自粛明けの中垣内監督の下、3連勝

 6月9日から3日間にわたり、バレーボール・ワールドリーグ2017高崎大会(群馬・高崎アリーナ)が行なわれた。

 スターティングメンバーがコールされた際に歓声が大きかったのは、エースの石川祐希と中垣内祐一監督だった。昨年10月に全日本男子の監督に就任が決まった直後、人身事故を起こして対外活動を自粛していた中垣内監督は、この大会がチームに合流しての初采配となった。

 全日本男子は5月11日から新チームが始動し、ワールドリーグも6月2日から始まっていたが、中垣内監督が戻ってくるまではフィリップ・ブランコーチが監督代行を務めていた。第1週のスロバキア大会を1勝2敗で終え、巻き返しを図る高崎大会の前日(8日)に中垣内監督が合流するという"異例"の事態に、大会前日の会見には多くのメディアが詰めかけた。昨年のワールドリーグの前日会見は3人しか記者がいなかったことを思えば、注目度の差は歴然だった。

「ガイチジャパン」の初戦の相手は世界ランキング24位のトルコ。同ランキング14位の日本にとっては格下だが、昨年は土をつけられている。初勝利を目指す中垣内監督は、昨季、短期移籍したセリエAのラティーナで腰を痛め、スロバキア大会ではワンポイントブロッカーとして出場した石川をスタメンとして起用した。

この記事の続きを読む

1