ベルギー戦で試された「なでしこの3バック」で見えてきたもの

 オランダ戦から中3日で、初対戦となるベルギー戦に臨んだ「なでしこジャパン」は、後半に先制しながらもすぐさま追いつかれ、1−1の痛み分けとなった。

 まだ修正点はあるものの、オランダ戦で一定の守備の軸が見えた高倉麻子監督は、ベルギー入りしてから「ずっと試したかった」(高倉監督)という新たな取り組みに着手していた。3バックシステムである。

 ベルギーでの最初のトレーニングでそれは試された。4−4−2に慣れ親しんだ選手たちは、ピッチのあらゆるところで迷子になり、紅白戦でも穴を突かれて失点。特に守備においては、かなり手こずっていた。だが、それぞれ複雑な表情で終えた練習後に、日本は本領を発揮する。ミーティングで選手たちは詳細を確認、動きの意図と修正点をそれぞれのポジションで話し合った結果、翌日のトレーニングでは、前日には見られなかった流れが生まれていた。これが実戦でどう出るか、期待と不安が入り混じる中で迎えたベルギー戦だった。

 右から高木ひかり(ノジマステラ)、熊谷紗季(オリンピックリヨン)、市瀬菜々(ベガルタ仙台L)の3バック。中盤にはオランダ戦では左に入っていた中島依美(INAC神戸)が右サイド、阪口夢穂、中里優(ともに日テレ・ベレーザ)のボランチに、左サイドが杉田亜未(伊賀FC)。3トップのシャドウに長谷川唯(日テレ・ベレーザ)、横山久美(AC長野L)と田中美南(日テレ・ベレーザ)が前線についた。

この記事の続きを読む

1