錦織圭より先に快挙なるか。松山英樹、全米OPの難コースには好相性

 5度目の全米オープンの開幕を前にして、松山英樹はいつものとおり淡々と、つかみどころのないコメントに終始した。

「全米だからといって、特別に意識することはありません。勝ちたいという気持ちはどの試合も同じですし」

 117回目を迎えた全米オープンも、今年のコースであるエリンヒルズ(ウィスコンシン州ミルウォーキー近郊)は初開催となる。「世界で最も厳しいゴルフの試練」と称され、例年、優勝スコアがイーブンに設定される全米オープンではあるが、今年はまるで違った表情で、世界のトップゴルファーの前に立ちふさがっている。

 全長は7741ヤード(パー72)で、フェアウェーが全米オープン史上、最も広い。グリーンはアンジュレーションがきつく、例年どおりメジャー仕様のコースと言えるが、エリンヒルズは湿地帯に位置し、サンダーストームが頻繁に襲来することもあって、グリーンはソフトで、決して"高速"というわけではない。

 そうした条件を踏まえて、今大会に出場する谷原秀人が「飛距離が出るゴルファーには圧倒的に有利」と話せば、同じく今大会に出場する宮里優作は「予選通過のカットラインはアンダー(パー)になるかもしれない」と口にした。

この記事の続きを読む

1