調教師が「夢」を激白。ユニコーンSは新女傑リエノテソーロで鉄板!

 異色の"二刀流"牝馬は、「世代最強」と言われるエピカリス(※)不在の3歳ダート路線を制圧できるのか――。
※エピカリス(牡3歳/父ゴールドアリュール)。国内ダート戦は4戦4勝。海外重賞のUAEダービー(メイダン・ダート1900m)2着馬。6月の米国ベルモントSに出走予定だったが、右前脚の不安で出走取消。

 6月18日に行なわれるGIIIユニコーンS(東京・ダート1600m)で1番人気が予想されるのは、牝馬のリエノテソーロ(牝3歳/父スパイツタウン)。2歳時には、地方交流重賞のエーデルワイス賞(門別・ダート1200m)、全日本2歳優駿(川崎・ダート1600m)を、それぞれ圧勝した逸材だ。

 3歳になってからは芝のレースに舞台を移し、前走ではGINHKマイルC(5月7日/東京・芝1600m)に出走。中団から強烈な切れ味を披露し、2着と好走した。十分な実績を持ち、牡馬と伍してもヒケを取らないだけに、人気の中心になるのも頷ける。

 では、はたしてこの人気に乗ってもいいものか? いくつかのファクターから検証してみたい。

 まず、このレースにおける牝馬の成績である。過去21回行なわれたうち、牝馬が勝利したのは2回のみ。2着も4回だけだ(勝ち馬降着による繰り上がり1回を含む)。レースの回数に対しての割合で言えば、やはり牡馬が優勢である。

 ただこれは、そもそも牝馬の出走頭数が少ないことにもよる。平均すると、およそ1年あたり約1.5頭しか出走していない。そう考えると、むしろ悪い数字ではない。

この記事の続きを読む

1