青木功、丸山茂樹を超えて、松山英樹は全米オープンの歴史に名を刻むか

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス
 今季メジャーの第2戦、全米オープン(6月15日〜18日)が開幕した。今年は、ウィスコンシン州のミルウォーキーから北西に約50km行った、「エリン」という馴染みの薄い小さな町で行なわれている。舞台となるのも「エリンヒルズ」という、これまた一般的にはほとんど知られていないコースだ。

 草原が果てしなく続くなか、突如「ここはスコットランドか?」と見間違うようなリンクスタイプのゴルフコースが出現する。それが、今回の会場となるエリンヒルズ。誕生したのは2006年で、地元のビジネスマンであるボブ・ラング氏によって創設された。

 ラング氏は、誕生日やクリスマスなどの際にアメリカで広く使われているグリーティングカードによって財を成した億万長者。そんな彼は大のゴルフ好きで、それが高じて「この町に大自然を生かした本物のリンクスコースを作りたい」と決意したという。そして、コース設計家のロン・ウィッテン、ダナ・フライ、マイケル・ハードザンを招聘し、3人のコラボによって誕生したのが、エリンヒルズである。

 大会を前にして公式練習が始まると、世界のトッププロたちがこぞってその難易度を口にした。非常に距離が長いコースだが、そこにはたった6本の木しかない。風が吹けば、遮るものがないゆえ、途端に難易度が増すのだ。さらに、長いフェスキューに打ち込んでしまうと、ほとんどボールは見つからないという。

この記事の続きを読む

1