元ヤクルト同僚たちが感謝する、青木宣親の「青空バッティング教室」

 ヒューストン・アストロズの青木宣親が、6月11日(現地時間)に日米通算2000安打を達成した。日本で積み重ねた安打数は8シーズンで1284本。当時、ヤクルトでともにプレーしていた仲間から祝福の言葉が届いた。

 青木がプロ野球選手になって初めて出会った打撃コーチは、八重樫幸雄コーチと杉村繁コーチのふたりだった。杉村コーチは感慨深げに話し始めた。

「青木がプロに入ってきたときは、2000本も打つ選手になるとは思ってもいませんでした。足が速い印象はあったけど、ドラフトは下位指名(4位)だし......。大卒(早稲田大)でしたが、即戦力ではなかったですからね。1年目にファームで打率.372を打ち、その年のオフに当時の監督だった若松(勉)さんが『稲葉(篤紀)が日本ハムに移籍したので、青木を使いたい』と。オレは八重樫さんに『青木を使うんですか? まだ力不足なので大変ですよ』と言ったのは覚えています。ただ青木は、足が速くて、逆方向に強い打球を打てた。そこで『まずは逆方向に強いライナーを打っていこう』と。それからティーバッティングとショートゲームに取り組むんだけど、開幕して1カ月はまったく打てなかった。ところが5月から急に打ちだして、プロ2年目にいきなりシーズン202安打を記録。首位打者も獲得するんだからね(笑)」

この記事の続きを読む

1