コンフェデ杯開幕。W杯開催国ロシアのサッカーは、なぜ冴えないのか

 6月17日、コンフェデレーションズカップが開幕する。出場するのはロシア、ニュージーランド、ポルトガル、メキシコ(以上グループA)、カメルーン、チリ、オーストラリア、ドイツ(グループB)の8カ国。日本が出場しないこの大会、見どころのひとつはW杯を1年後に控えた開催国ロシアの現状とそのサッカーだろう。

 1991年12月、旧ソビエト連邦が崩壊。ロシア代表として初めて参加したW杯は94年アメリカ大会になる。グループリーグで優勝したブラジル、3位になったスウェーデン、カメルーンと戦い3位。くじ運に恵まれず、ベスト16には届かなかった。続く98年フランスW杯は、欧州予選でグループ2位になり、プレーオフに進出。イタリアと接戦を演じたが、通算スコア1−2で惜敗、涙を飲んだ。

 ロシアはその頃、まだソ連のイメージを引きずっていた。1988年欧州選手権(ユーロ)で準優勝に輝いたソ連。決勝でオランダに敗れはしたが、スピード感溢れるダイナミックなサッカーで欧州を席巻した。しかし、この時に出場したロシア人選手は、GKリナト・ダサエフ、DFヴァジス・ヒジャツリン、MFセルゲイ・アレイニコフといった程度。大半がウクライナ出身者で占められていた。

この記事の続きを読む

1