兄以上の逸材か。ヘンリーバローズは「すごい馬になるオーラがある」

厳選! 2歳馬情報局(2017年版)
第4回:ヘンリーバローズ
 5月20日に行なわれた1000万下特別のオーストラリアトロフィー(京都・芝1800m)。GIシーズン真っ盛りの中、多くのファンはこの"条件戦"に視線を注いでいた。

 なぜなら、このレースでかつて「クラシック候補」と呼ばれた馬が復帰するからだった。

 その馬の名は、シルバーステート(牡4歳/父ディープインパクト)。2015年7月にデビューした同馬は、その1戦こそ2着に敗れたものの(※勝ち馬は、今年のGIヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリード)、2戦目の未勝利戦で2着に5馬身差をつける圧巻の走りを披露。初戦負けの評価を覆(くつがえ)すどころか、十分にお釣りがくるほどの能力を見せつけた。

 さらに、3戦目となった500万下の紫菊賞(2015年10月17日/京都・芝2000m)でも、直線で楽々とライバルを捉える余裕の競馬で快勝した。その驚異的な切れ味でマークした上がりタイムは32秒7。再度、相当な器であることを示し、一躍翌春のクラシック候補に浮上した。

 しかし、期待されたクラシックの舞台に、この馬の姿はなかった。サラブレッドにとって「不治の病」と呼ばれる屈腱炎を発症したのである。

 引退に追い込まれることも少なくない屈腱炎だが、その能力を信じるスタッフのケアにより、シルバーステートは競走馬として再び戻ってくることができた。そして、その復帰戦となったのが、冒頭のオーストラリアトロフィーだった。

この記事の続きを読む

1