あの金メダリストも立場が危うい?女子レスリングに新星が続々登場

 2004年アテネと2008年北京は伊調千春が2大会連続で銀メダル、2012年のロンドンでは小原日登美が金メダル、そして2016年のリオデジャネイロでは登坂絵莉(とうさか・えり/東新住建)が金メダルを奪取――。オリンピック4大会すべてにおいて、女子48キロ級は日本がメダルを死守してきた絶対的階級だ。

 6月18日、東京・代々木国立競技場・第2体育館にて「明治杯全日本選抜選手権」が行なわれた。女子レスリング王国ニッポンが誇る最軽量級を制したのは、高校3年生・17歳の須崎優衣(すさき・ゆい/JOCエリートアカデミー/安部学院高)。昨年に続いて大会2連覇を達成するとともに、今年8月にフランス・パリで開催される世界選手権への出場権をほぼ手中にした。

 小学校5年生だった2010年以降、須崎が国内外で敗れたのは1試合のみ。それも高校1年のとき、初めてシニア大会に出場した2015年全日本選手権で7歳年上の入江ゆき(自衛隊体育学校)に挑んだ決勝戦だけだ。その入江にも、翌年の全日本選抜決勝では7−3でリベンジを果たしている。
 
 須崎の最大の武器は、なんといってもスピード。高速タックルでオリンピック3連覇を果たした女王・吉田沙保里(志学館大副学長)も「スピードは私よりある」と絶賛するほどだ。

この記事の続きを読む

1