エース平野美宇も「返り討ち」に。卓球王国・中国の背中はまだ遠い

 アジア選手権や世界選手権で見せた自信に満ちたプレーや弾けるような笑顔は、最後まで見られなかった。

 東京体育館に立った17歳の平野美宇(世界ランキング8位)の表情は曇りがちで、首を傾げたり、がっくりと肩を落としたりすることが多かった。

 6月14日から18日まで行なわれた、ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯。ITTFワールドカップツアーのひとつである今大会は、4月に中国・無錫で開催されたアジア選手権で日本女子として21年ぶりに優勝し、5月に開幕した世界選手権デュッセルドルフ大会で銅メダルに輝いた平野にとって、いわば凱旋試合。それだけに本人のモチベーションも決して低くなかったはずだが、17日の準々決勝で中国の陳夢(同5位)に敗れ、最終日まで残れなかった。

 今大会は日本の女子選手にとって、シングルスで優勝する大きなチャンスだった。

 開催地が日本であることに加え、世界ランキングのトップ3である中国の丁寧(同1位)、劉シウェン(同2位)、朱雨玲(同3位)がエントリーしていなかったからだ。

 実際、16日の1回戦で韓国のソ・ヒョウオン(同29位)を4−0のストレートで下した後、平野は「今回は中国のトップ選手は数人しかいなくて、若手選手が多い。(アジア選手権で)トップ選手に勝てたということは、若手選手に勝てる可能性が高いと思うので、勝つ気持ちで来ています」と力強く語っていた。

この記事の続きを読む

1