「身体的にはOK」の錦織圭。芝初戦で見えたウインブルドンへの多難

「毎年、芝でプレーすることはチェレンジングなことだと思っていますし、このサーフェイスでどうやってプレーするのかを見出そうとトライしています。毎年改善されていると思いますし、最初の試合としては効果的にできました。すごくタフな試合でしたが、これからよくなっていくと思います」

 今季、芝での初戦となったゲリー・ウェバー・オープン1回戦のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン/世界ランク34位)戦を、錦織圭はこう振り返った。タイブレークにもつれ込んだ第1セットを落としながら、第2セット(6−3)、ファイナルセット(6−4)で立て直しての逆転勝ち。錦織は芝での初戦の感触を「まずまず」と語った。

 全仏オープンとともにクレーコートのシーズンが終わり、短い芝のシーズンに入った。四大大会の中で唯一、ウインブルドンで4回戦の壁を突破できていない錦織にとって、芝は苦手なサーフェイスだと言える。

 球が滑るように速く跳ねる芝は、サーブを得意とする選手に有利だとされている。対戦相手のベルダスコはビッグサーバーというわけではなく、実際、序盤のサーブはほとんど時速200kmを超えてこなかったが、「1セット目に関しては相手のサーブがよすぎた」(錦織)。

この記事の続きを読む

1